パチンコ 北斗 の 拳 6 プレミア 演出

パチンコ 北斗 の 拳 6 プレミア 演出

結果主義といえばそこまでだが、戦う上で本当の意味で必要なものを小百合はよくわかっている

魔術師としての矜持を忘れるつもりはない

魔術師として戦うということを意識しているつもりだ

だがそれでも、卑怯だなんだといわれるようないわれはない

堂々とこの戦い方をする

それが康太と文の結論だった

「文から見て勝算は?」「・・・勝率六割ってところかしら

十分やる価値はあると思うわよ?」「六割か・・・高いのか低いのかわからない数字だな」「下馬評通りならってだけの話よ

未知数な点が多い分変動も大きいと思いなさい・・・まぁそれでもあんたにとっては十分すぎる数字かもしれないけどさ」康太が今まで戦ってきた相手はほとんど格上だった

あなたも好きかも:ホール スロット アプリ
勝率から言えば二割あるかないかといった状態で戦ってきた

あなたも好きかも:スロット 英語 意味
そんな中で常にとは言わないがかなり高い確率で勝利を収めてきている

あなたも好きかも:パチンコ パチンコ大賞
逆境に強いというわけではないが、そういった低い勝率でも勝利をものにできるだけのものを康太は持っているのだ

そんな康太の戦歴の中で六割という勝率は比較的高い方だといえるだろう

「しかも今回は今まであんたがやってきたような戦い方は難しいと思いなさい

相手に実力差を思い知らせなきゃいけないんだから」「不意打ちだまし討ちはだめってことだろ?正々堂々ってのもなかなか難しいんだぞ?」「わかってるから言ってるんじゃない

正面突破よ

気合い入れなさい」正面突破

少なくとも今までの康太からは考えられないような戦い方だった

基本的に康太は相手の意識の外からの攻撃を得意としている