ガルパンg やめどき

ガルパンg やめどき

ちょっとだけ怯えが見えたミラに、僕はそう即答した

変わらない、変わるもんか

ミラのことを、昔のことを知る前からずっと、これだけは変わらないんだって確信があったんだから

「不安にさせる様な聞き方して悪かったな

俺は変わんないよ

マーリンさんもまあ間違いなく変わらない

絶対にお前の側にいて、いつだって帰りを待ってる

だから……さ

あなたも好きかも:パチンコ 車 突っ込む
もしまだ不安があって、それで子供っぽく振る舞ってるんなら…………もうそんなの必要ないぞって

そう言いたくて」「…………アギト……ふふ、バカアギト」 バカとは何だよう

怯えも不安も無くなった安らかな顔で、ミラは頭を撫でていた僕の手を引っ捕らえてそのまま嬉しそうに抱き締めた

指で喉を撫でてやると目を細めて手のひらに頬擦りしてきた

あなたも好きかも:カジノ トランプ 山
いつもの甘えん坊のミラがそこにいる気がした

「……そうね、やっぱり私はアギトやマーリン様の気を引くために子供みたいに振る舞ってる時もある

でも、それは二人を繋ぎ止めるためじゃない

二人に好かれるためじゃない

長いことずーっとこんなやり方しか知らなかったから、それしか出来ないの