リング終焉 スロット 天井期待値

リング終焉 スロット 天井期待値

「え、本当ですか?お姉ちゃんが私に感情を抱いたんですか?……しかも貴女の言うことですから、この場面で嘘をつくことはしないだろうし……」若干日本語がおかしいな……とか、口調が安定しないな……とかはあるけれど、やっぱりそれは記憶代償魔法のせいなんだろうね

「まあありがとね、その情報を聞けただけである程度満足はいったよ」道を外し続けられるお互いの関係

天敵でもなければ、宿敵でもないこの命名し難い関係性

あなたも好きかも:パチンコ 軍団 とは
「……そう、この世界の表にリルトンの部屋を作ったのよ」気付けば、本心を語るくらいには信頼だか信用だかしている相手

信用と信頼の境界、明確な違いはあれど……それすらもどうでもいい

カチリ、と何かが堕ちていく音が聞こえる

自分(・・)の決めたルールも、貴女(わたし)の決めたルールもどうでもいい

片瀬花奈、或いはリルトンはかく語り合うのみなのだから

「へぇ、それは何?私へのあてつけだったりするの……ですか?」はぁ、今さらそんな無理しなくてもいいのに……別に言葉遣いが変わったところで何が変わるわけでもないんだし

あなたも好きかも:栃木 石橋 パチンコ
そもそも、私と貴女の違いなんて反対である、という所しかないのだから

あなたも好きかも:パチンコ 出玉規制 延期
「まさか、私なりのリルトンへの気遣いよ……そう、それに寂しいからね?」「お姉ちゃんという存在がありながらも?……傲慢、本当に傲慢極まりないですね」そう?確かに最も愛する一人を絶対的に守るのもいいけれど……私を含んだ交遊の輪を守り合うっていうのも悪くないものよ?「視野狭窄症候群(アリスシンドローム)……まあ原義は微妙に違うけど、今の私がそう(・・)なってるのは否定しようがない事実よね」その言葉が、その踏み出された一歩が合図となった

「ああ、もう終わりにしますか?」私とリルトンにしかわからない白亜から継がれ、死しても(生き足掻いて)残り続ける執念、そのバグの話

嘘も真実も、欺瞞も事実も

頂上も最低も、矛盾も合理も関係ない今の私達だけに通じる醜く美しい合図

「そうね、そろそろ充分(・・)深くなってきたことだし……」『充分』

私はこの世界で、『転移』してきて初めてその言葉を使う