パチンコ かっぱ伝説

パチンコ かっぱ伝説

「オレは大丈夫だぞー? 心配したんだからー、とか言って抱きついてこないのかー?」 冗談交じりの笑顔でふざけるが、生美は無表情

動くことも、何かを言うこともなく、ただじっとベッドに目を向けている

暗い雰囲気の彼女に、洋一は少し顔をしかめて首を傾げた

 勝則はそんな二人を交互に見て、焦り気味に洋一に向かって軽く身を乗り出した

「……うちの生徒だったか、わからないんですよね?」「ん? ……ああ、そうだな

でも、制服を着てたからうちの生徒だと思うけど」「……校内でもこんな事になっちゃうなんて

……ジャックが入ってきたって事?」 優樹が不安げにみんなを見回すが、誰も何も答えない

あなたも好きかも:江東区 スロット 優良店
ただ、一平は勝則と、そして大介と相川と華音と加奈は互いにそろっと目を見合わせている

二組が何かを隠しているような気配に、優樹も、そして洋一も「?」と顔をしかめた

あなたも好きかも:pso2 スロット 終了画面
――と、その時、優樹は顔を上げると「ちょっとごめん……」と断ってみんなの間をすり抜けて医務室を出て、携帯電話を取り出した

「はい?」 話をし出すその後ろから一平も付いてきて、少し彼に目を向けると、相手の声に耳を傾けた

「……大丈夫

傷は深くなかったし、洋ちゃんも元気だから

……あ、それでね、切られたの、洋ちゃんだけじゃなかったみたい

他にも切られた人がたくさんいて、先生からもお話を聞かれた

……、……うん

……あ、今、みんな来てくれてるよ

……うん

……うん、でも一人でウロウロしないほうがいいよ