パチンコ 遊べない

パチンコ 遊べない

だが、ここで気を抜くわけにもいかないのだ

 最悪の事態は、いつ訪れるかわからないものだ

 そんな中、セツナは東門上方に向かって迫ってくるなにかを感じ取った

あなたも好きかも:マジハロ パチンコ ハマり
黒き矛によって強化された超感覚が捕捉したのは、空を切り裂いて飛来する物体

あなたも好きかも:戸塚 スロット
複雑な人型

視線を上げる

純白の翼が、日光を反射して眩しいくらいに輝いていた

あなたも好きかも:元住吉 スロット 5スロ
ルウファだ

しかも彼はファリアを抱き抱えたまま、飛んでいた

 こちらに移動中だったファリアと合流した、ということだろうが

 ルウファのその秀麗な顔は緩みきっていた

「いやー、役得役得」「あら、セツナから乗り換えたの?」「なんでよ!」 ファリアは渋々といった様子で彼の首に腕を回していたが、ミリュウの発言には瞬時に表情を変えた

 ルウファは、門楼の屋根に着地するとファリアを解放するとともに翼を収納した

純白の翼は瞬く間に白い外套に変化し、彼の体を包み込んだ

「お似合いだったわよー」「そうですかあ?」「……エミルに言いつけるわよ」 にやけて、なぜかくねくねするルウファに向かってファリアが告げると、彼は冷水でも浴びせられたような顔になった

「それはいくらなんでも酷くないっすか」「そう?」「そうっすよ」「じゃあやめておいてあげる」「ありがたきしあわせ……って、あれ? なんでこうなるんだろうか……」 ルウファが釈然としないのは、ファリアをここまで運んできたことがなにもかも裏目に出ているからに違いない

 セツナは、ルウファの肩を叩いた

「全部おまえが悪い」「なんで!?」「終始にやけてるからだよ」「うう……仕方ないじゃないっすか

だってファリアさんですよ!?」 ルウファが力説する傍ら、ファリアはミリュウとなにやら話し込んでいたようだが、ルウファの言葉にずっこけたのをセツナは見逃さなかった