加世田 パチンコ オープン

加世田 パチンコ オープン

康太の蓄積の魔術のそれと違って文の攻撃は威力や相手への軌道などもコントロールできる

もちろん完全にコントロールできるわけではない

速度が上がればその分コントロールはしにくくなるし、距離が遠くなればその分操れなくなっていく

そのため相手との距離を一定に保ちながらほんの少しだけ当てるための軌道を設定する程度の操作しか行っていない

あなたも好きかも:シンデレラガールズ スロット
あとは殺さないように最低限の威力を持たせているだけだ

そんな攻撃でも相手は必死に防御してくる

あなたも好きかも:パチンコ 無くなる台
康太が使ってきた攻撃と同質のものであると思っているのだろう

一つ一つが高い威力を持っており、当たれば流血は免れない程度の威力は持っていると勘違いしているのかもしれない

文の攻撃から妙にオーバーアクションで回避している

完全に軌道を外れた攻撃にもしっかりと障壁による防御を展開している

あれでは消耗が激しすぎてすぐに行動不能になってしまうのではないかと思えるほどだ

あなたも好きかも:パチンコ ドル箱 台車
いや、だがこの反応も仕方のないことなのかもわからない

何せ似たような攻撃で相手はすでに負傷しているのだ

その時は幸運にも足も重要な部位も攻撃を受けることがなかったが、相手にとって鉄球、ないし物体が飛んでくる魔術は異常に警戒するだけに足る魔術に見えているのである

特に文はそれを連発している

今まで康太がそれをしてきたように文もそうすることで相手に確実にダメージを与えるタイプの魔術師だとみられているのかもしれない

特に先日の戦いを見ているものからすれば、この魔術は遠距離からでも確実に相手を攻撃できるだけの精度と威力を持ったものであるということがわかる