パチンコ バルブレイブ2 評価

パチンコ バルブレイブ2 評価

このままでは、この空間に到達するのも時間の問題だが、では、どうすればいい、というのか

 武装召喚術を使うのは、どうか

あなたも好きかも:新鬼武者 スロット やめどき
 胸中で頭を振る

 それだけの時間的猶予はない

 では、ほかにどんな方法があるというのか

あなたも好きかも:ドワーヴン・ゴールド
 壁を登る以外に道はないが、その壁を登るための手段がない

 ミリュウは、背後を振り返り、通路がつぎつぎと押し潰されていく光景を見つめた

色とりどりの立方体が凄まじい勢いで出現し、通路を塞いでいく

あなたも好きかも:サンシャイン パチンコ イベント
やがて、灰色の空間の手前まで塞ぎきると、それで、止まった

「……どういうこと?」 ミリュウは、思わず疑問を口にして、突如として耳に響いた異音に肝を冷やした

振り向けば、灰色の絶壁が、動いていた

 壁の表面が異音とともに迫り出したかと思えば、数秒も立たずに引っ込んで壁に戻る

そういった現象が壁全体に起こっていた

 彼女は、つぎつぎと出現しては消失する壁を登るための手がかりを目の当たりにして、憮然とした

腕を組み、しばし考え込む

「そういうこと……」 通路を押し潰してきた立方体が突如として動きを止めたのは、この現れては消える手がかりを使って壁を登る時間を与えてくれているということなのかもしれない

「嬉しすぎて涙が枯れそうよ!」 皮肉いっぱいに叫んで、ミリュウは、壁上りとの格闘を始めた