ポケモン ss カジノ

ポケモン ss カジノ

自然の物にはその"掟(ルール)"が無い

 良く言えば自由、悪く言えば無法地帯

整備されていない場所は"掟(ルール)"に縛られるのが嫌になった生き物達が集う場所なのだ

「成る程

要するに"危険がいっぱい"

って事だな」「ハハハ……略しすぎ」 ライはエマの話を聞き、自分なりに一番手っ取り早い言葉を見つけて言う

 レイは極端に短くしたライへ苦笑を浮かべて言い、エマも笑いながら続く

あなたも好きかも:スロット 負けない台
「フフ……そうだな

あなたも好きかも:麻雀物語 2 パチンコ 甘デジ
誰の物でもなく、ルールも無く、危険が多い

……とだけ言えば良かったか

長生きすると長話が癖になってしまって仕方ない

ライの言っている事で正解だ」「だろ?」 そんなライの言葉を聞き、確かにその通りと同意するエマ

それを聞いたライは言い、隣ではレイが軽く笑う

そのような、賑やかに笑い声が響く三人部屋

 次に向かう街も決まった所で、宿の女将がやって来た

「盛り上がっている所すみません

湯殿の準備が整いました為、お客様方に入浴を進めております」 その内容は風呂の準備が出来たらしい

 言われて気付く三人

確かに洞窟探索や、ペルーダとの戦いで三人は大分汚れていた