パチンコ メンテナンス 愛知

パチンコ メンテナンス 愛知

だが、忌避感を排除して考察してみると、そこには『機能の後付け』が行われているのではないか、との推論が成り立つ

 現行の生物に於いて機能の後付けをしたもの、それが魔物ではないか、との推論も可能である

3.魔物の改良についての考察 この研究室は、元々、環境に適合した魔物の改良案を『迷宮』に対して提供する目的で設立され、公募によって集められた精鋭によって運営されている

 そのため、迷宮に提示された要件を満たすための方策として、既存の魔物を改良して運用を行うのは当然の帰結というものである

あなたも好きかも:abc株式会社 パチンコ
 我々の本懐である魔物の改良方法には、確立されたもの、机上案でしかないものも含めて、以下のようなものがある

あなたも好きかも:オンラインゲーム ホスト
Ⅰ.特定の環境に押し込めるⅡ.特定の刺激を与えるⅢ.別種個体を融合させるⅣ.『切り貼り』するⅤ.特定の魔道具を埋め込むⅥ.ウィルス(※4)に感染させる『迷宮』から提示された概念の一つである『細胞』は生物の最小単位であり、自らを複製することで生体活動を営んでいる

 ところがこの複製作業は完璧ではなく、時として複製に失敗する

自然に失敗することもあれば、生物が自らの形質を環境に適応させるために、故意に失敗させることもあるという

これは確率的(※5)であり、実験に於いて確実に失敗(または成功)を導ける性質のものではない

 そも『迷宮』にこれまで提示されていた魔物の改良といえば、Ⅰ、Ⅱの手法を用いて、細胞複製の失敗の確率を上げ、環境に適応した形質を獲得するまで繰り返す、というものである

『迷宮』はこれまで行ってきた作業よりも高度な手法を開示し、Ⅰ、Ⅱ以上に明示的な形質の変容を促すように指示を出した

4.合成型魔物の生成実験 まず迷宮が提示した魔物改良の方法は、Ⅲの手法である

 別種の魔物、たとえばミノタウロスとオーク、ゴブリンとワーウルフなど

 生体の一部を取り出し、お互いに取り込むことで、本来存在しない形質を獲得させるというものである