スロット 抽選 顔認証

スロット 抽選 顔認証

……また傍にいなかった……」「……」「……また……傍にいることが出来なかった……

あなたも好きかも:スロット 1日 イベント 神奈川
……ごめん……」 声を震わせるその言葉を聞いて優樹は小さく首を振っていたが、顔を歪めるとためらいもなく反町にしがみついた

息を詰まらせて肩に顔を埋めると、今までの不安や悲しみや寂しさや、全ての感情が一気に溢れ出し、涙になる

あなたも好きかも:小樽 パチンコ 優良店
……ごめん……」 何度も謝る声に、優樹は「っ……」と大粒の涙を零した

何かをたくさん伝えたいが、言葉に出すことが出来ない

 反町はグッと強く抱き締めると、しばらくして腕の力を緩めた

あなたも好きかも:パチンコ hanamaru 岐阜
……遅くにごめん……

……どうしても会いたくて……」「……っ」 優樹は俯いたまま強く首を振る

「……明日から学園に行くから

……よかったら、朝、桜並木に来て」 優樹は腕を離そうとした反町にしっかりとしがみついた

「……っ

帰らないで……

……行かないで……」「……」「……行かないで……」 しっかりと腕を背中に回して左手で服を掴む

意地でも離さないつもりの優樹に、反町は再び優しく抱き締めて背中を撫でた

何も言えずに、しばらく無口な時間が過ぎる――