シンフォギア パチンコ デス

シンフォギア パチンコ デス

いずれにせよ、前線に出る老人など、初代戦女神くらいだったのだ

 ミリュウは、戦死した隊員たちの墓を見つめながら、彼らの魂が安らかに眠ることを祈った

ここからリョハンまで死体を持ち帰るには遠すぎるのだ

リョハンに住む家族のため、遺品を持ち帰ることは許可したが、死体はここに埋葬する他なかった

 想定外の出来事、とは言い切れない

あなたも好きかも:愛媛 センチュリー パチンコ
 調査団は、リョハンの領域外――つまり、守護結界の外を調査するための組織だ

敵対的な人間、皇魔などとの戦闘の結果、命を落とすこともありうることは、組織の結成当初から口うるさくいわれていたことだったし、武装召喚師たちは、調査団に入るに当たって、覚悟を問われた

覚悟のないものに入団する資格はない

そうして集められたのが調査団の現団員たちであり、今日まで何人もの死者が出ていることから、調査任務の苛烈さはリョハン内でもよく知られたことだった

 とくに被害が大きいのは、今日のような神人との遭遇戦だ

あなたも好きかも:マフィア・シンディケート
神人は、先もいったように人間の姿を残している

そのことが、実際にひとを殺したことのないリョハンの武装召喚師たちには、戦いにくくさせる

あなたも好きかも:札幌 パチンコ 営業再開 どこ
結果、損害が増大する

 隊員たちの墓は、神人化したものたちとは、別のところに作った

この集落の住人だったのであろう神人たちも、自分たちと敵対したリョハンの武装召喚師と同じ場所に埋葬されるのは不本意だろうという配慮からだ

 集落の片隅に七人の亡骸を埋葬できるだけの墓地を作り、結晶化した石を墓標にし、彼らの名を刻んだ

 ミリュウが隊長らしく最後の別れを告げるとき、隊員たちは泣かなかった

ただひとり、エリナを除いて

エリナだけが、隊員たちの死を嘆き、別れを惜しんだわけではない