パチンコ ひと玉 いくら

パチンコ ひと玉 いくら

 エスクが自棄になって無意味に命を散らさないように

あなたも好きかも:北斗 スロット 修羅の国
 エスクが、みずからの将来を切り開いていけるように

 優しいまなざしで、見つめてくれているのだ

 だから、というわけではないが、エスクは、ネミアを見つめた

 彼女には、散々、世話になった

“大破壊”によって壊滅状態となった世界で、寄る辺を失い、すべてを失い、生きる理由も目的も失っていたエスクにとって、ネミアとの出逢いは、少なくとも今日を生きる理由となり、明日を繋ぐ意味となった

もし、彼女と出逢うことがなければ、エスクはどこかで野垂れ死んでいたのではないか

 そんなことを真面目に考えてしまうほど、エスクは、彼女に感謝していた

あなたも好きかも:スロット 実機 春日井
「ネミアがいてくれる

それだけで十分だ」 まっすぐに見つめて、しっかりと伝える

すると、ネミアは、頓狂な顔をした

「へ……?」「なんだよ、その顔」「なんていうか、その……あたしも同じ気持ち、だから」「おう」「だから、絶対に生き延びるんだよ

生きて戻ってくるんだ」「当たり前だろ」 エスクは、照れ笑いから決然たる顔つきに変わったネミアを見つめながら、肯定した

「セツナ様にもそう約束したからな」 自分がなにものなのか

 そう自問自答しながら長い間生きてきた

生きているというよりは、さまよっているといったほうが正しいのではないか、というような人生だった

目的もなく、惰性に生きていた日々もあった

生きる希望を失ったからだ