ダンバイン スロット

ダンバイン スロット

若葉月19日 朝(2時47分)=5月7日 23:47

「まず、四島とは何だ?」「この大陸のことですね」「大陸なのに島なんですか?」「そうですね……島というにはあまりに大きすぎるし一応は地続きではある

だけど島と名付けられているには少し複雑な事情がある」 公也とアリルフィーラがアストロと話をして情報収集をしている

あなたも好きかも:どらくえ5 カジノ
シーヴェとフィリアは片づけや夜の準備などいろいろとやっている

二人は無理に会話に参加する立場にない

あなたも好きかも:スロット まどマギ2 穢れ 準備中ハマり
あくまで従者であり主……アリルフィーラと公也に従う立場だ

そもそも聞きたいようなこともない

この大陸に興味がないとは言わないが、基本的には主に従い主のために働く以上の者ではないからである

「今は暗いからあまり見えないだろうが、向こうにとても大きな山があるのは知っているだろう?」「ああ」「雲がかかっていて頂上が見えない巨大な山ですね」「あの山の上の方から水が流れてきているのは?」「……川だな

あなたも好きかも:ニューギン パチンコ 台
距離感がよくわからないが、それなりに大きな川がある」「それなりどころではないものです

あの山から流れてくる川は向こう岸が見えないくらいに大きな川なのです」「……そんなに大きな川なんですか?」「そうですね、仮に船で渡るにしても一日はかかるのではないでしょうか」「……それは川でいいのか?」「海とは違います

それに一応とても深いですが地面もありますし……一応は川でいいと思います

水も淡水のようですから」 公也たちはそこまで気にかからないというか、気にしたこともないが、山から川が流れてきている

公也たちから見てもそこそこの大きさがあるのは分かるが、川の一つ二つあるからなんだという気持ちになるだろう

もっとも距離的な関係上、公也達でもはっきりと川があると見えるそれはとても大きな川である

船で一日はかかるだろう大きさの川、向こう岸までの距離がとてもある大きな川である

果たして川というのが正しいのか、と思う程度には大きな川である

「この大陸はそれぞれの島が四つの大きな川で隔てられています