zbanc

zbanc

「流君っ……」 「あまり近寄らない方がっ」と、生美に肩を抱かれてうろたえていると、反町は斜めに突き刺さったそれをじっと見つめ、羽の部分に結ばれている紙に手を伸ばした

「……警察来るなら、そのままにして置いた方がいいよ」 優樹が恐る恐る忠告するが、反町はそれを無視してそっと紙を取った

何重にも折り畳まれたそれを広げると、生美たちも近寄って来てそれを覗き込む

右には左を

上には下を

好敵手には好敵手を

あなたも好きかも:ギアス r2 スロット 終了画面
対にして対】 ぎこちない文字でそう書かれた紙に、みんなは顔をしかめた

「なんだこりゃ

なにかの……暗号?」  白川が怪訝に眉を寄せるが、反町はそれをじっと見ているだけ

 優樹は内容を見つめ、少し眉を動かした

 ……対にして対……――

あなたも好きかも:パチスロ ひとり 旅 zip
……警察は、いらない」 小さな声に、みんなが振り返る

優樹は何かを考え込むようにどこかを見ていたが、顔を上げると取り囲んでいる教師たちを戸惑い見回した

「これ……ただのいたずらです

多分……、私たちを脅かそうとしてただけです