小作 パチンコ バイト

小作 パチンコ バイト

繰り返すけど要するに、用事があるのはこの街の幹部だ」 その疑問に返すライ

 しかし皆まで言わず、住民にも伝わっているであろう戦況のみを伝えた

側近と幹部を連れているのもこの街の幹部に用事があるからであり、ライは自分とリヤンの事は何も言わなかった

そして勿論、住民も含め支配者の大樹に移り棲む事になる事は伝えない

あなたも好きかも:ブラックジャック 月光花 歌詞
それを伝えてしまった場合、この街はパニックに陥り幹部の元に行くよりも前に面倒な事になるからだ

「ふうん? ……じゃ、俺が案内してやろうか? 幹部さんの居る大樹に

この街の事は熟知している

案内するだけなら問題無いだろ? エルフさんや沙悟浄さんと話してみたいし」「え? うーん……まあ、良いか……?」 ライが返し終えると同時に、リルフェンは一つの事を提案した

あなたも好きかも:スロット 蒼天の拳2 評価
それは自分がライたちを案内してやろうと言う事

 ライは一瞬戸惑ったが、リルフェンは悪い者では無いと分かったので承諾する

そしてリヤン、ニュンフェ、沙悟浄の方を一瞥し、視線で三人に尋ねた

「え……? うん……良いと思うよ……」「ふふ、そうですね

あなたも好きかも:パチンコ sanyo 社長
良いと思います」「ハッハッハ、ああ、コイツは悪い奴じゃ無い……いや、無さそうだからな」「……? じゃあ、頼んだリルフェン」 三人もライの意見に同意し、それで良いと言う

 そんな中、ニュンフェと沙悟浄の反応に違和感を覚えるライ

しかし一々反応していてもキリが無いので、特に言わずリルフェンへ向けて手を差し出した

「……ん? ああ、人間・魔族は互いの手を握って協力するのか「……?」「ああいや、此方《こちら》こそ喜んで」 リルフェンは差し出された手の意図を一瞬理解出来なかったが、即座に理解してライの手を握った