パックマン スロット 設定差

パックマン スロット 設定差

 それこそ、オーディス・シャティオンのような男と腹の探り合いを出来る程度には

「案じられずとも、物資には十分余裕があります

ここまでの行程も、予想より何倍も早くたどり着くことが出来ました

あなたも好きかも:tomoe スロット
時間は我々の味方です」「……ですか」 カナンは彼の言葉に嘘を見つけられなかった

あなたも好きかも:スロット 何打つ
事実、オーディスは何一つ嘘をついてはいなかったのだから

「やはり気づいておられたか」 カナンを残して天幕を出たオーディスは、人知れずそう呟いた

 決して彼女を低く見積もっているわけではないが、まだ物資が潤沢に残っている状況で気付くあたり、指揮官として優秀な危機管理能力を持っていると言えるだろう

 あるいは、それくらいの注意深さが無いと、ここまで旅を続けられなかったのかもしれない

あなたも好きかも:ぱちんこ 新台 009
(さて、どうしたものか) 物資の出し渋りが生じるであろうことは、オーディスも予測していた

だからこそ、前回の遠征の基盤を徹底的に利用して、強引に旅程を短縮させたのだ

 今は何もかもが順調で、彼の描いた通りの脚本をなぞっている

 だが、一つだけ気になることがあった

ハルドゥスからの警告である

(まさかハルドゥス殿が、冗談を言うとも思えんが……) ラヴェンナに緊急事態発生

クリシャのもたらした走り書きだけでは、あまりに情報が少なすぎる

いくら旧知の仲とは言え、あれだけで撤退の判断を提言することは出来ない

 逆に考えると、その程度の情報しか収集出来ない有様なのだという想定も、一応は成り立つ

恐らくラヴェンナ上層部……ギヌエット大臣あたりが緘口令を敷いているのだろう

民衆に混乱を広げたくない何かが生じたのかもしれない