苫小牧 パチスロ

苫小牧 パチスロ

心を読めないグロリオーサでも、判るぐらい自分で照れながらもトレニアがそう言い切る

あなたも好きかも:鷲巣 パチンコ
でもそれは、グロリオーサの中にある"図星"でもあった

あなたも好きかも:八戸市 パチンコ イベント
―――ああ、そうだよ!トレニアには、幸せになって欲しいんだよ!でも、王妃になったら、否が応でも王妃としての政務に携わってもらう事になる!

《そうしたら、きっと、トレニアのかわいいダガーとの時間はとれなくなってしまう

たたでさえ、決起軍の戦いの間で、首が据わったり、寝返りうったり、はいはいする時期もあまり側にいてやれなかったこと、後悔しているだろ?!》  大抵の事ならやり込められて"くれる"グロリオーサが、食い下がって伝えてくる本音、"トレニアに幸せになって欲しい"気持ちをさらけ出した

―――今でさえ、きっとその時間を持てなかった事を後悔しているだろ?!

パンっ!

渇いた、ある意味心地よくも響く音が墓地に鳴り響く

トレニアの平手が、グロリオーサの左の頬を打ち鳴らした

あなたも好きかも:パチンコ ミルキーバー 設定
―――後悔してるわよ!でも、そんな時間が私とダガーの2人の間にだけあっても意味がないの!

長い黒髪が揺れて、グロリオーサは黒い瞳を丸くして、打たれた頬を抑えながら、親友で自分の子どもを産んでくれた人を見つめる

―――家族としての私と、ダガーの幸せは、グロリオーサが側にいないと意味がないの!、そんなこともまだわかんないの!

そこが判って貰えなくて、悔しくて、トレニアは自分が平手を食らわせておきながら涙を流す

―――国王と王妃になったら、そんな家族みたいな時間なんてまとも取れやしないから、そうなるのが判ってるから、言ってるんだ!

《トレニアが望んでいる様な、幸せを与えたいと努力はするけれど、それが出来なくなる事の方が絶対多くなるって、単細胞の俺でも知ってるんだよ!》グロリオーサは王族としての、忙しさを幼い記憶ながらに残っているし、判っているからそこを心配しているのだと、声と心で言い返す

―――今から平定した国を、トレニアが望む様な、どんな立場の子どもでも"普通"に暮らして生活していくためには、まず人の心に、余裕を作らなければならない

頬を抑えていた手を下ろして、拳にして大切な人達をまっすぐ見つめながら、賢い親友の言葉を、グロリオーサは思い出していた

"残念ながら、人は自分に余裕があった方が、他人に分ける優しさは出しやすいですからね