サムライチャンプルー スロット 設置店

サムライチャンプルー スロット 設置店

けど、話せば話したで、みんなのことだからまた突っ走るだろう

反町は特に、これからいなくなるって時にそんな話しをされたら心配になって勉強どころじゃなくなるかも知れない

 ……ここは、優樹の出方を窺うか

椎名センセにも、あとで釘差しとかなぁな……

 またややこしい問題が増えてしまったが、今はこれ以上、何も考える力がない

あなたも好きかも:ラオウ 声優 パチンコ
 みんな、それぞれ食べたいものを食べてゆっくり休憩をしていると、コンコンとドアノックされた

誰かが「どーぞ」と脱力気味に声を掛けると、そこから顔を覗かせたのは見知らぬ女子生徒たち

あなたも好きかも:カジノ アニマ
「なんだ?」と思っていると……忘れていた

あなたも好きかも:ニューベガス スロット
“赤い糸”だ

「お願いしまーすっ」と、楽しげに騒ぐ彼女たちに、「はいはい……」とそれに答える者は答える

反町と立花は「興味ない」とそれを無視

 互いのハチマキを結び引っ張り、それを繰り返し繰り返す

そして結ばれた相手の女子に「交換してください!」と申し込まれるものの、「それはごめん」とみんなが断った

「ハチマキの一つや二つ、交換してあげたっていいじゃない」 成功したあとでがっくりとうなだれ帰っていく女子たちをかわいそうに思ってため息を吐く生美に、洋一は切ない笑みで首を振り、胸に手を当てて天井を仰いだ

「モテる男は辛い……

たった一つのハチマキを奪い合って喧嘩するようなことになったら大変だからな」「絶対ない」 と、生美が呆れ気味に目を細めると、洋一は「焼き餅?」と笑顔で問い掛け、生美はツンとそっぽ向く

 次から次へとやって来る女子生徒たちに、みんなもそろそろうんざりし掛けていると、今度は“無料開放”状態で開け放たれたドアから鈴菜が顔を覗かせてきた