スポルト パチンコ

スポルト パチンコ

 怒りと不安の入り交じった瞳

あなたも好きかも:戦乱カグラ パチンコ ゆうタイム
 彼女はそのままジャケットを脱ぎ、Tシャツの袖を肩までまくり始めた

「……これで、納得しましたか」「ああ」 低い応え

 右肩の辺りを抑え、顔を伏せる神代さん

 やや浅黒い肌

 長い腕

 その肩口に付いた、わずかな筋

「大体分かってるでしょうけど、襲われたんです

いきなり後ろから

あなたも好きかも:イニシャルd スロット ラッシュ開始画面
現場に出なくなったのも、パトロールが怖いのも、尾行が嫌なのも

あなたも好きかも:奈良 スロット ゲームセンター
全部そのせいです」 淡々とした告白

 顔は伏せられたままで

 視線は前髪に隠れ、わずかにも見えない

「今さら言うのもあれだけど、気にする事も無いんじゃないの」 いつもより優しい口調で語るケイ

 しかし神代さんはややまなじりを上げ、彼を睨み付けた

「他人事だと思って、適当に言わないで下さい」「そう取られると困るけど

見せるのが嫌ならそうして隠してればいい訳だし

言われても気付かないくらいの傷だろ」「あなたは男だから、そう言えるんです」「かもね」 何か言いたげなサトミと私を目線で制し、マグカップを傾ける

「こんにちは」 少しの沈黙の後