こうしょうにんました パチンコ

こうしょうにんました パチンコ

「いやすまんな

この二槍流は元々神狼化のような肉体性能で勝てぬ相手とも闘うことを想定して編み出したもの

だが予想以上にお前とは噛み合ったようだな」「噛み合ったというか、まるっきり歯が立たなくなりましたけど

技量差がグンッと開いたと思うんですけど」 弓花は拗ねたようにジンライを見る

あなたも好きかも:スロット 浦和
「ふむ、そう言うほどに差はないのだがな

だがお前の攻撃は神狼化になると力に頼って単調になる

その悪癖がこの結果に繋がっているのだろうよ」 それは弓花が神狼化の力を制御しきれてないということだった

「以前言ったように片手で捌き切れぬほどの技を身に付けるか、或いは肉体性能を限界まで使って力業で押し切るのが良いだろうな

あなたも好きかも:パチンコ 遠隔 特徴
いっそ盾を持ったらどうだ?」「うーん、そうですねえ」 今までの魔物相手でならば通用したが、もしかしたら今のジンライのように通じない相手も出て来るかもしれない

神狼化に頼りすぎてる気がするし、その神狼化も使いこなせてもいない

これは使用時間の少なさからもくる問題だ

(行き詰まってる感じだなあ) 弓花はそうため息を付いて横を見る

「いっちにーさんしー」 そこにいるのは準備体操している親友とその横で同じような動作をしているタツヨシくんズだ

外にはヒポ丸くんも待機している

「あんたは幸せそうよねえ

随分と手持ちが増えたみたいだし」「戦いは数だよ弓花