パチンコ アドバイザー 政治家

パチンコ アドバイザー 政治家

 師匠候補だったナビ何とかは、セイ様が追い出したからな」確かに俺はこのセイに以前襲撃されたがアグラニウスに半ば操られていたのでもう、アグラニウスが味方に付いた今は大丈夫だろう

マイカはニヤニヤしながら右腕をサッと出口に向けた

セイはダルそうに立ち上がって「お前ら、タカユキ殺そうとかするなよ? セイ様が地の果てまで追っていくからな」俺たちに釘を刺してから去って行った

「これからまた子づくりに励むんですかねー」美射が羨ましそうにセイが出ていった方を見つめる

「……」「タケシも何かしゃべりなさいよー」魔族の聴力で聞かれるから余計なことを言わないようにしているだけなのだが確かに喋らないのもなと「……悪い人じゃなさそうだな」と一言、呟くと「そうよねー

セイ・モルシュタイン様って 完璧超人って感じだったよねー」とウインクしてくる

意味は分かった

「ああ、初めて会ったけど、銀髪が似合っていて 素敵な女性だったな」「きっと、頭もいいんでしょうねー

あなたも好きかも:パチンコ店 朝鮮
 魔族国の名家の出なんでしょー?」「……そうらしいな

気品があるお方だったな」俺はウンザリとした顔を美射に向けた

あなたも好きかも:ウルフ・ナイト
魔族の聴力で聞き耳を立てているはずのこっちのセイに聞かせる美辞麗句はこれで十分だろう

モンスターサイコは頷き返して「マイカ様、次はどなたが?」無駄な美少女スマイルをマイカに向けた

「……メイリン様……だ……失礼のないように……しろ」「楽しみですー」美射はニコニコと微笑んだ

五分後に俺と美射は愕然とすることになる

着物姿の痩せこけたメイリンが、まるで幽鬼のようにフラフラと室内へと入ってきてボーっとした顔でソファに座る

そして、目の前の俺と美射の顔をしばらく見つめて「あ、お話、もう、タカユキ様から伺いました