エロ フリーゲーム ブラックジャック

エロ フリーゲーム ブラックジャック

あなたも好きかも:バカラ ピルスナー
それじゃあ、ちょっと向こうでカナミと魔法実験してるねー』」 その場で祈り始めた『魔石人間(ジュエルクルス)』たちを置いて、僕たちは部屋を壁伝いに歩いて、移動していく

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 天井 天昇
 途中、驚きつつも静観していたセルドラが、小声で僕に聞く

「カナミ、いまのは……いや、こいつらは?」「……ラスティアラのいない世界に耐えられなかった子だね

あなたも好きかも:エアドル
今日はいないけど、事情が厄介な獣人や元奴隷とかも、この深層で働いて貰っている」 誰もいない遺体安置用のベッドに向かって祈り始めた『魔石人間(ジュエルクルス)』たちは、その『幻覚』のせいで、上にいる仲間たちとも会話が通じないときがある

 一番の問題は、この部屋にいる全員が、総じて『素質』が高いこと

 魔力が多いのに心が不安定というのは、地上だと危険な爆弾として扱われ、処理されてしまうことが多い

それを防ぐ為に、僕は復興の最初の最初に、この部屋を作った

「僕と働く分には大丈夫だから、プライベートな趣味周りのお世話を頼んでる感じだね

もちろん、ちゃんと僕のポケットマネーでお給料は出してるし、リハビリが進んだら、ちょっとずつ上に戻っていって貰うつもりだよ」「あ、あぁ……、そういうことか

いつか地上に出られたらいいな……

ただ、これは、まるで……」 セルドラは深層でしか生きられない職員たちを見て、どこか苦しげな表情を見せた

 そして、彼は十分に熟考を重ねたあと、当然の意見を出す

「カナミの魔法で治さないのか?」「魔法は最終手段だよ

身体の傷と違って、心の傷は自然に治すのが一番だからね」 治そうと思えば、『幻覚』という現実とのずれは治せる

 ただ、それを「治す」と表現したくなかった

 もし彼女たちが、望んでラスティアラを追いかけ続けているのならば、その状態こそが正常だと僕は思っている

それを否定するならば、同じことをしている僕も「治す」ことになる

「……確かに、そうだな