スロット 政宗 天井

スロット 政宗 天井

不吉なことを言うのはやめるのだ」「それと、もう着くぞ」「むふぅ!胸が高鳴ります!」「ネア、落ち着いて…………

深呼吸出来るかい?」「は!あのお店は、マロンクリーム!!」「おい、早速順番がおかしなことになってるぞ」「し、しかし蒸したてほこほこのおまんじゅうが見えます

温かいおまんじゅうで、マロンクリームがほろりと溶けているお味を考えると、心の荒ぶりが抑えきれません!!」「弾むな…………」「かわいい…………

弾んでる…………」ネアは手を繋いだ魔物をぐいぐい引っ張ってお祭り会場に急いだ

そうこうしている間にも、誰かがネアよりも先にあのほこほこのおまんじゅうを食べていると思うと、羨ましさでいっぱいになってしまう

ネアも一刻も早く、美味しいおまんじゅうにかぶりつきたかった

「…………お前は、最初に予定していた方の店に並んでろ

あなたも好きかも:スロット デザイン会社
既に十五分待ちだ」「なぬ

………むむぅ

確かに既に十五分待ちの看板が出ています

開店の時間の五分前に着いたのに解せぬ」「行列が出来て早めに店を開けたんだろ」「ず、ずるいではないですか!それなら私だって、一時間前には来られたのです…………

ふぎゅう」「こっちの店のものは俺が買っておいてやる

何個だ?」「私のお持ち帰りが十二個、今食べる用が一個、ダナエさんとバーレンさんへのお土産で二個です」「おい……………」「私とディノの、おやつ四回用で、残りのものは食べ損ねたリーエンベルクの誰かに振る舞う用ですよ?今食べる用のものは、三人で分けて食べませんか?他のものもありますし、マロンクリームは割って食べても中身が零れてしまうようなことはないと思うのです」「………ったく」ネアは代金を渡そうとしたが、アルテアは首を振って行ってしまった

マロンクリームのおまんじゅうは奢ってくれるようだ

では、豚肉のおまんじゅうは私が奢ってあげましょうね」「私が買うから大丈夫だよ」「謎の対抗意識を持ちましたね………」「ご主人様…………」会場には、あちこちにのぼりが立っていた

ちょっとお洒落な市場風に様々な色合いの帆布を使ったテントが張られていて、どうやらテントそのものは色違いなだけでお揃いのものなので、このお祭りの運営からの支給品であるらしい