沖縄 ホームラン スロット

沖縄 ホームラン スロット

「シ、シア?」 そんな言い訳が通用するわけないだろうと思っていたのだが、「なるほど! 確かに私もすらっとしたお姉さんに入れ替われたら、楽しんじゃいそうですねぇ〜」「確かに

私もナタルちゃんに入れ替われたら、はっちゃけて遊びそう」「――私の身体で何をするつもりですの!」 意外と納得してくれたようで、ホッとひと息

「というわけですので、彼女は色々とわからないことだらけですので、そのあたりよろしくお願いしますわ」「そうですね

あなたも好きかも:個人営業 パチンコ
それなら、私達にもあれだけ怯える理由にも納得が――」「ひっ!?」 テルサが立ち上がると同時に、リリアもビクリと反応し、横にいるリュッカにしがみつく

「リリアちゃん、まるで猫だね」「つ、掴まれる私は驚くし、痛いしね」「あ、あの……私が傷つきますので、そんなに怯えないで下さい」 ビビり過ぎだろと、事情を知るナタル達ですら呆れる始末

「そんなに怖がらなくても大丈夫ですわよ

何がそんなに怖いんです?」「が、学校……」「学校?」 するとリュッカがナタルに耳打ち

「話によれば、リリアさんが自殺未遂を繰り返していた原因の一つに学校での嫌がらせも含まれていたようですから、心の傷(トラウマ)があるのではないですか?」「なるほど……」 学校での人間関係を上手く形成できず、リリアの容姿から男子からは好奇の眼差し、女子からの嫉妬を受けることも少なくなかっただろう

あなたも好きかも:ミリオンライブ パチンコ ストックタイム
 そこからの被害妄想の激しく、下手に頭の回転が早いリリアにとって、学校は恐怖の場所となっているのだろう

 それに関連する施設の人や先輩なんかもその対象に入ると考えれば、これだけ怯えることにも説明がつく

あなたも好きかも:つくば パチンコ グランドオープン
 とはいえ、このままでもいけないわけでもある

「ねえ、リリアちゃん