ソウルハッカーズ カジノ

ソウルハッカーズ カジノ

 まずは聞き込みだ

 周囲の人を探して勇者一行のことを知らないかと聞いてみる

あなたも好きかも:パチスロ データ アプリ
「すいませ~ん」「なんだい?」「勇者様にお渡ししたいものがありまして……どこに行けば会えるでしょうか?」「ああ、あの門から出てくるのをいつも見るよ

ここにいれば会えるんじゃないのかな?」「おお、本当ですか! 有難う御座います!」 目撃者が居たのは幸運だった

 これならここにずっといれば、足取りを掴むことが出来そうだ

 あと……さっき話を聞いた人から変なことを聞かれるのも面倒なので、声を再びかけられる前にさっさと移動してしまう

あなたも好きかも:パチスロ~ライフ 動画
 本当にこの街にいると良く声をかけられる

 自分は一生懸命仕事をしているというのに、なんて奴らだと思いながらあしらっていて編み出した技だ

 声をかけられる前に逃げる

 そう、逃げるのだ

 全力で走ってきた男が居たことには、心の底から驚いたが、周囲の人が何とかしてくれた

 それから男がちょっと苦手になってしまったが……怖気づいて帰れば師匠からの鉄槌が下ると思い、心を無にして勇者を探す

あなたも好きかも:ブラックジャック 面白さ
「とりあえずここで待とう……」 門が見え、あまり人から見られることのない路地の隙間に入って、門を監視する

 もし勇者たちが動けば、周囲の人々が騒ぎだすと知っているので、レミは道中に買った果物を食べて小腹を満たす

「むぐむぐ……

ん? 勇者が出てくるのって仕事の日だけなのかな」 勇者の仕事は、近辺の魔物討伐及び魔王から襲撃を受けている街を守る、というのが基本的なものだ

 他の国にも勇者がいると聞くが……レミはほとんど知らない

 しかし、仕事を行く以外でこの門を通るかどうか分からない