bso オンラインゲーム

bso オンラインゲーム

「……仲間外れにしようとか、そうじゃないんだ」 言い訳をしようという気は毛頭ない

 真顔で宥める反町に、そっと顔を上げた加奈は口を尖らせつつも「もういいよ」と伝えるように数回頷いた

そして、これ以上時間も掛けられないだろうと、そろそろ来るだろう橋田のメールアドレスを「私の代わりに」と立花に教える

 生美はそんな加奈から洋一に目を向けた

「椎名センセにも一言言って置いたら? 閉門に間に合わないかもって」「……そうだな」 その意見に同意し、洋一は早速椎名宛にメールを打つ

 加奈はため息を吐いて反町に目を戻した

あなたも好きかも:ドッグハウス スロット
「じゃあ……見つかったら連絡してね」「ああ

すぐにする」「……優樹ちゃん、やっぱり首輪を付けておくべきだよ」 口を尖らせ、挨拶もなくブツブツと愚痴を溢しながら裏口へ向かう加奈に苦笑した生美は、「がんばってね」と彼らに軽く手を上げてあとを追った

 二人の背中を見送り、洋一は吐息と共に肩の力を抜くと気を取り直して反町たちを見回した

「とにかく……もう一度ホール内を徹底して探すか」「お化けは? どうすンだ?」 腰に手を置いて横目で問う立花に、反町は口をへの字に曲げて目を据わらせ「そんなの知るかっ」と投げやりに吐き捨てた

正直な思いだろう

「バラバラにはならない方がいいですよね

あなたも好きかも:柿生 スロット
単独行動は狙われやすいだろうし」 相川の携帯電話をズボンのポケットに入れながら勝則が相槌を問うと、大介は「せやな」と鼻から深く息を吐き出し頷いた

「ヘタレがおるし」「オレのこと?」 名指しは避けたが、ここには一人しかいない