バジリスク スロット 2015

バジリスク スロット 2015

見てたんじゃないんですか?」 「もちろんもちろん

あなたも好きかも:パチンコ 麻雀 台
理由が知りたいんやないですか?」 理由とは、マッド・マラーが何故あんなことをしているかのだろう

「知りたいですけど……」 「兄さんには借りがあるけなあ

あなたも好きかも:ドラゴンボール モバイルゲーム
今ここで、返しましょうかいな」カイユは、視線は目の前のゾンビの拳闘から話さずに語り始める

「井戸があったでしょう」 「ええ、はい

ありましたね

マラーに連れて行かれました」 「ちょうどあっこから、ずっと真下になあ

天まで届く大きな大きな塔がありましてな」 「塔ですか?」 「うん塔じゃな

あなたも好きかも:小樽 パチンコ 店 営業
星の外まで伸びた塔ですわ」 「そんなに高いんですか……」 上手く想像ができないが、とりあえず話を合わせる

「その塔が、ちょっと今故障しとるんじゃけど、  それをこの星の反対側から、エネルギーを送って動かせんかやっとるんですわ

マラーは」 「塔を動かすんですか?星の反対側?」 「そのエネルギーを魔法で創りだすためにワシが呼ばれたんじゃな」 「マラー主導だったんですか……」さっぱり話が分からないので戸惑っていると、いきなり「兄さん

あんたな、虚無の王への挑戦者の最終候補に選ばれたのしっとる?」 「挑戦者!?俺がですか?」 初耳である

どこかでそういう話が勝手に進んでいたようだ

おそらく美射たち、十二人委員会絡みだろう