パチンコ 挙動

パチンコ 挙動

平定を始めたばかりの頃、田舎の屋敷で幼いバルサムからモジモジとされながら「アングレカムさま、おまもりです

バルサムのたくさんの気持ちが入ってます」と、言いながらプレゼントされたらしい手作りの"硝子ビーズの指輪"握りしめながら、友であるグロリオーサに決意表明をするように言っていた姿を玉座で思い出していた

『負けず嫌いだから、お前と差しで会ったとして言わなかっただろうが、腹黒いアングレカムなりにチューベローズ・ボリジという男を、俺にはべた褒めしていた

あなたも好きかも:絶狼 パチンコ
そして、まるで自分に言い聞かせるように、バルサムの伴侶にはお前みたいな"穢れていない人"が良いってな

あなたも好きかも:カミュ ジュビリー バカラ クリスタル
あいつは誰よりも"英雄は血塗られている存在でしかない"って考えていたから

本当は誰よりも、"英雄"が嫌で仕方なかったのかもしれない

でも誰かがこなさないと、何時か、自分の住む国が駄目になってしまう

自分の大切な人達が、不幸になってしまうのを自分の行動で防げるなら、防ぎたい

まあ、俺からみたら"自己犠牲に酔いしれてる阿呆"にも見えん事もなかったが』グロリオーサにしては穏やかにも感じられる声で、親友を"庇う"言葉を口にする

あなたも好きかも:パチンコ ガルパン アンツィオ
―――油断してはいけない

そんな風に考えながらもチューベローズは、少女だったバルサムを身勝手な策謀に巻き込んでしまっていた英雄達にの怒りを心に抱えながらも、それと同時に"哀れ"にも思う気持ちも抑えられなかった

国を平定するというという目標の中で、恋人を自らの手で失ったり、正式な求婚をなし得ず子を授かったり、相手の幸せのためにと勝手に身を引いたり、と不器用な男達による"恋"が所々に転がっているように、学者上がりの宰相になった男には思えた

『―――まあアングレカムに関して言えば、"責任を取った"として、勘弁してやってくれんか?』急に国王はまた砕けた様子の物言いになって、油断してはいけないと思っていたが、チューベローズの気は完全に弛んで――笑ってしまう

(国王の"カリスマ"と言うべきなのかどうか分からないが、どうもこの人は人の気持ちを取り込んでしまわれるお方だ)腕白小僧、英雄、鬼神、そして一般的な"人"となったりとグロリオーサから何度色んな"面"を見せられて、そして"魅せられた"しまったか分からない

そして今度は道化師のように肩を竦めて、苦笑いをしながらまた話を始める

『アングレカムの策謀の予定ではな、成人の誕生日の後に、あいつが俺の姉上とお前に話を通しての段取りする

で、やっとこさ夫婦になれた俺とトレニアとが仲人して、法王のバロータも一枚噛んでもらって娶せようとした