パチンコ 高齢者

パチンコ 高齢者

「そんなに気にすることかの・・・弟子は基本的に師匠に似るものだ

ある程度は仕方のないことだと思うぞ?」「いや・・・あの師匠に似ているって言われるのは結構くるものがありますよ・・・だってあの師匠なんですよ・・・?」「・・・お前達は何故自分たちの師匠に対してそこまで敬意がないのか不思議でならん・・・ここにサユリがいないからというわけでもないようだし・・・」きっと真理と康太はこの場に小百合がいたとしても普通に暴言を吐き続けただろう

それはそれで信頼の形なのだろうがアリスからするとなかなかに複雑な関係のように思えてならなかった

というか師弟の関係そのものがどこかおかしいように感じられてしまうのだ

実際は別にそこまでおかしな話でもないのだけれど

「ですがアリスさん、師と弟子が似るというのはやはり今まであってきた人達を見ての判断ですか?それともアリスさんのお弟子さんが、という話ですか?」「・・・どちらもと言えるな

私の魔術師の知り合いは大抵弟子を持っていたし、大抵その弟子は知り合いに似ていた

性格とか実力とかではなく本質的にな・・・私の弟子も同じだ

あなたも好きかも:ルパン 新台 やめどき パチンコ
似なくてもいいところばかり似てしまってな」そう言いながらアリスは苦笑しながら康太の方を見る

あなたも好きかも:パチンコ 借金 漫画
康太の体の中にいるデビットの残滓

かつての弟子のなれの果てを康太の姿と重ねながらアリスは吐き捨てるように小さくため息を吐いた

「まったく・・・私と同じで大ばか者だったよ

あなたも好きかも:パチスロ ツイン
周りの人間がやらないようなバカなことをやり続けて、最期までそれを突き通した

途中であきらめて逃げていればいいものを・・・最後まで逃げなかった・・・本当にバカな弟子を持ったものだ・・・」アリスがそのことに気付いたのは本当に最近の事だったが、自分の弟子がそれこそ人間を辞めることになろうとバカな行動をとり続けた、その事実がアリスにとっては強く重く残っていた

自分と同じ封印指定に名を刻まれようと、自分の思いを果たそうとし続けた

それを康太に救われ、本来の形に戻される

何とも愚かしい行いだ

もし自分が先にデビットの残滓に出会っていたら思い切り叱責したところだろう