手塚眞 ブラックジャック

手塚眞 ブラックジャック

もちろん全てがセピア色である

入ってからずっと、普通の色合いの俺たちが浮いて見えている

神殿の広い入り口を潜る

中はもちろんすべてセピア色でそれらがセピア色の灯火で照らされている

あなたも好きかも:名宝 パチンコ 沖縄
天使や悪魔、醜悪な化け物、ドラゴンなどの彫刻が彫られた内壁や石柱を見ながら俺たちはそのだだっ広い空間の中を奥へと進む

急にマイカが立ち止まり、数十メートル先の右奥の内壁を指し示す

「……あれ……たぶん……最初に呼び込まれた……流れ人……抜け殻……」そこには四メートルほどは身長がありそうな破れた二枚の羽根の生えた精悍な男性の天使もどきが全裸で苦悩に歪んだ表情で虫の標本のように額縁に貼り付けられ、灯火に照らされていた

よく見ると、顔には三つの目がついていて、鼻には穴が無い

たしか獄門師のビギネメスが"流れ人の抜け殻の展示"とか言っていたな

あなたも好きかも:さいたま新都心 スロット
これがそれか……しかし、あれはどう見ても人間ではない

「色がついているな……」俺は真っ白なその天使の標本を眺める

あなたも好きかも:せかつよ スロット
「ナゲメルチャ・ギマグランヌ

 ギ・ソルム星系出身だとに魔族には伝わっています」「どこだ、そこ……」聞いたこともない

別に惑星の名称に詳しいわけではないからマニアの人なら知っているような星なのかもしれないが……

「……我々にも……わからない……太古の話……」ミーシャとジャンガスには見えないようで「なになに?兄さんどうしたの?」「何があるんすか?大きな額縁は見えるんですけど」不思議そうな顔をして尋ねてくる

「見えなくてもよいものですよ」とアルデハイトは、二人の頭をポンポンと撫でで神殿の奥へと進んでいく

俺に手を繋がれているライーザは見えているようで、くしゃくしゃの髪に隠れた頭で見上げて黙り込んで眺めている

見終わった俺たちはアルデハイトの後を追い、今度は小さな部屋の中へと入る

もちろん神殿全体からしたらだ