天誅 ぱちんこ

天誅 ぱちんこ

「そうでもないさ

今までの話はただの時間稼ぎ……世間話のようなものでね

今日ここに来たのはね、君とちょっとした遊びをしようと思ってのことだよ」「……遊びだと?」「君が『私』に会うことを許可してくれて良かったよ

あなたも好きかも:愛知県 緊急事態宣言解除 パチンコ
おかげでただの人殺しにならずに済んだのだからね」 何を言っている?時間稼ぎ?この会話の内容に意味はなかったとでも?ダメだ、奴の話を真に受けてはいけない

俺の殺意に気づいている以上、奴は必死に自分の命を助けるために行動するはずだ

 それこそそんな児戯に付き合ってやる必要は――「――ッ!?」 剣を握り、立ち上がるのと同時に体がふらつく

体が思うように動かない

これはなんだ、これは、これはまさか――「毒だよ

使い慣れている君なら種類くらいすぐに分かるだろう?」 頭の中で体の症状と記憶を照らし合わせ、いくつかの候補を絞っていく

全身の痺れ具合からして、恐らくは食事に混ぜる類のもの

あなたも好きかも:カジノ 練習 アプリ
症状が出てから直ぐに死ぬような傾向がないことから、遅効性……

そして奴が持っている瓶、そうだアレは俺の配下の暗部が持っていた――「貴様っ!俺に……いつ……!?」「毒に詳しいなら考えつくだろう?君がついさっき食べていた朝食だよ」「そんなはずはないっ!俺の食事はいくつもの工程にも渡って調べられ、毒味が行われている!」 例え無味無臭だとしても、俺が抱えている毒見役なら毒を口に含むだけでそれを見抜くことができる