スロット 食える 機種

スロット 食える 機種

といって、ウルクを拒絶する理由もない

 ウルクから、レムに視線を戻す

彼女は、立ち上がることもままならないまま、闇人形を見つめていた

その目が濡れているように見えて、どきりとする

あなたも好きかも:タマムシ スロット 出やすい 初代
レムが美少女染みた容姿の持ち主なのは、最初から理解していたことだ

「どうだ?」「前にもいいましたが、わたくしにそっくりですね」「そうかな」 闇人形の体型がレムに近いことに気づいたのは、以前、レムたちにお披露目したときのことだ

そのときは、ミリュウたちの指摘によって気が付かされたのだが

見れば見るほど、身長や体格など、本当によく似ていた

あなたも好きかも:船橋 スロット ルーキー
「わたくしの目には、そう見えます」「たしかにのう

わしも初めて見た時は、先輩を思い出したものじゃ」「ラグナまでそういうんなら、そうなのかもな」「お認めになられるのですか?」 レムが意外な顔をした

その目は潤み、熱を帯びている

あなたも好きかも:使ってはいけないお金 スロット
見つめられるだけでどきどきしたが、セツナは自分の表情が緩みきっているのを認識して、闇人形を注視した

これで、公然と彼女の視線から顔を背けることができる

「“死神”といえばレムっていう頭が働いたのだとしてもさ、なんらおかしくないだろ?」「そう……でございますね」「それで、どうなんだ? なにかわかったか?」 セツナは、闇人形をレムの側に歩み寄らせながら問いかけた

音もなく、地を滑るように移動する闇の少女人形は、夜の闇を歩くレムを想起させる

いわれてみれば、確かにそっくりだった

ラグナが思い浮かべるほどだ

「……いえ」「そうか」「なにもわかりませんが、ひとつだけ、わかったことがあります」「なんだ?」「まるで御主人様に抱かれているような、そんな気分なんです」 レムが顔を赤らめながら告げてきた言葉の意味を理解するよりずっと早く、素っ頓狂な声が裏庭の静寂を粉々に破壊した

「はあ!?」「え?」「はい?」「なんじゃ?」 セツナは、レム、ラグナが同時に声を上げるのを聞いた