スロット 次の日 設定

スロット 次の日 設定

「どうも……あの時は本当にセイがご迷惑を……」セイから玩具にされていたのは覚えて居る

「いえ、そんなことはございませんわ! とても良い経験をさせて頂いて 私の趣味に魔族国のレコード収集も加わりました!」「そ、そうなんですか……」セイが魔族なので、それ繋がりで魔族国の音楽収集に手を出したのか

あ、ちょっと思い出してしまった

あなたも好きかも:埼玉 パチンコ 出ない店
「あの……セイが、魔族国でレコード デビューしたことは……」ランは俺がそう言った瞬間に目を潤ませて「あれは悲劇でした……セイ様の音楽性は にゃむるすさんたちの音を 分かり易くして、大衆に受けやすいように かつ技巧的に作られていたのですが……」ちょっと驚く

あなたも好きかも:パチンコ 甘 デジ ランキング
この人、本気なんだな

本気で魔族国のポップスやロックについて勉強していたらしい

ランは涙を拭いながら「セイ様の書く歌詞が、難解すぎたのです

 タジマ様は、セイ様たちのバンドの曲を 聞かれたことはございますか?」「い、いえ、無いですけど……」「僭越ながら、歌詞の一節がこれです

 "ご飯が食べたい 無道八か所のエニシの果てで" これはつまり、食欲という根源的欲求と 魔族国に置ける哲学用語である無道八か所を 組み合わせた、相当に高度な作詞なのですが やはり、そこは大衆には理解されなかったのですよ」「そ、そうなんですか……」よくわからないがあのアホの歌詞に特に意味は無いと思う

音に合わせて、思いついた言葉を並べたとかだろう

深読みして解説したランの方が、間違いなく賢いことを考えているはずである

しかし、ランの気持ちは大事にしてあげたいので余計なことは言わずに延々と如何にセイのバンドが素晴らしく、そして不遇であったかと解説してくるランの話を聞いていると「おお、ミヤウチ家の才女がお越しですな

 どうですか?音楽盤の輸入の方は?儲かっているとお聞きしていますが」ネズマがニコニコと笑いながら席へと戻ってきた

ランは生真面目な顔で「ネズマ様、この様な場所で申し訳ありませんが 実はお願いがあるのです

セイ・モルシュタイン様の レコードを欲している方達が キョウやサカオオには大量にいらっしゃるのです

 魔族国で廃棄されたと噂されている 幻のシングル盤を手に入れられれば……」「はは……申し訳ないですが、芸術については さっぱりでしてなぁ