パチンコ お使いサービス

パチンコ お使いサービス

トゥトゥが倒した奴は洗脳されててろくに情報を引き出せませんでした」「洗脳・・・どの程度の?」「前後不覚になって自分が何してるのかわからなくなるレベルですね

記憶を覗いたんですけどほとんどずたずたになってました」他人の記憶を読むこともできるのかと、サニーたちは勘違いしていたが、実際に記憶を読んだのは協会の魔術師とアリスだ

あなたも好きかも:ポケモン ワンパチ パチンコ
康太はそれを見ただけ

言葉の違いで勘違いを呼ぶことは多々あるが、これは典型的な例だといえる

「たぶんですけど、今回の敵の中で中核を担っているのは数人、それ以外は洗脳して手に入れた戦力の可能性が高いです」「じゃあ、基本的にその中核以外はそこまで傷つけるつもりはない、ということ?」「え?なんでです?」拍子抜けしたような康太の言葉に、サニーたちはわずかに身を強張らせていた

何故そんなことを言うのかわからない

本気でそう思っているような声音だったからである

「だって、いうなれば操られているだけの被害者でしょう?そんな人たちを・・・その・・・倒すの?」「倒しますよ

あなたも好きかも:スロット g1
当たり前じゃないですか」「当たり前って・・・だって・・・相手だってやりたくてやっているわけじゃ」「そんなことはどうでもいいでしょう

あなたも好きかも:パチンコ a flag
問題なのは俺たちの障害になるかどうか

俺たちの敵であるかどうか

相手のことなんていちいち考えてたら身がもちませんよ」サニーは相手が洗脳されているからある程度憂慮して然るべきだと思っていたのだろう

だが康太からすればそんなことははっきり言ってどうでもよかった

そんなことを言ってしまえば、魔術師にだって一般人としての家庭がある、家族がある、友人がある

そんな裏事情、もとい表の事情があるのだから手加減してやれといっているのと同じことだ