27 スロット

27 スロット

……と言いたいところですけれど、フェルディナンド様がご一緒ですもの

あなたも好きかも:ヴァルキュリア スロット フリーズ
何か事情があるのでしょう? 事と次第によっては協力してあげてもよろしくてよ」「エルヴィーラは実に聡い女性だな

事情がある

貴女の力が必要だ

あなたも好きかも:ガールフレンド ぱちんこ
ぜひ、協力していただきたい」「まぁ、フェルディナンド様ったら」 フェルディナンドがエルヴィーラに事情を説明し始める

有能なローゼマインという子供を私の娘として洗礼式を行うこと、そして、洗礼式の場で領主の養女となることを

 領主と領主の異母弟が養女に望むということは、この領地の将来に大きく貢献するとすでに認められていることに他ならない

「それならば、トルデリーデとローゼマリーの実家の勢力争いの中で生まれた娘だということにいたしましょう

ローゼマリーの親族に存在が知られれば、また争いが生まれると憂慮したカルステッド様が神殿に隠されたのです」「ふむ、悪くないな」 フェルディナンドに褒められて、エルヴィーラが嬉しそうに笑う

「そして、ローゼマリーの娘だということを、敢えて公表せずに洗礼式を行いましょう

あなたも好きかも:パチンコ ソーシャルゲーム
この家の娘として、貴方の娘として、わたくしが母代りとして恥ずかしくないように教育いたします」 お気に入りのフェルディナンドがわざわざ挨拶のためについてきたのだ

予想通りだが、夫である私が頼むより、フェルディナンドから頼む方がよほど効果はあるようで、エルヴィーラの顔から険が完全に消えている

「神殿で私が多少の手解きはしているので、それほど見苦しいことはないと思うが、領主の館に上がるのに相応しく仕上げてほしいと思う

エルヴィーラならば、心配ないと思うが」「あら、フェルディナンド様が教育されていらっしゃったのですか?」 エルヴィーラが目を丸くした

 その気持ちはよくわかる

騎士団においても厳しくて、熱血指導だと評判のフェルディナンドに、幼い子供の指導ができるのか、疑っているのだろう

 私も初めて聞いたときは我が耳を疑った

絶対に泣かせている