西船橋 パチンコ ボン

西船橋 パチンコ ボン

「……何もないよね? ……大丈夫だよね?」 落ち着きをなくしている優樹に気を向けながら、生美はチラ、と洋一を窺う

あなたも好きかも:カジノ 型
「放っておいていいの?」と問い掛けるようなその視線に、洋一は深く息を吐き、渋々腰を上げた

「しゃーない

あなたも好きかも:パチンコ 話しかけてくる
おい、白川、行くぞ」「え? オレ?」「おまえ以外に誰がいるってーんだよ」 と、洋一は白川に近寄って耳を抓上げる

「イテテテテっ!」と顔を歪めて声を上げる白川をそのまま引っ張りながら、優樹と生美に顎をしゃくった

「おまえらは先に教室戻ってていいぞ

何かあったらメール回すし」「わかった

気を付けてね」 生美はあっさりと手を上げるが、「……待って!」と、優樹は椅子をずらして洋一たちに近寄った

「私も行くっ

心配だしっ……」 うろたえながら見上げる優樹に洋一と白川は顔をしかめ、生美は「ったく……」とため息混じりに席を立つ

「仕方ないわね……みんなで行きましょうか」 洋一は苦笑して頷いた

「……わかった

あなたも好きかも:スロット うみねこのなく頃に 値段
んじゃ……行くか」 部室を出て、足早に中等部の方へと向かう途中、始業五分前のチャイムが聞こえた

だが、ここで校舎に戻るわけにもいかず、四人は中等部の生徒たちに振り返られながらも倉庫に向かう

「……五校時目、始まっちゃったわね」 授業開始のチャイムが鳴ったが、誰にも見つからないように倉庫へと足を進めた

「あいつら、どうしちまったんだろうな……」「ホントね」「……」 優樹は歩き保ってスカートを握りしめた