サラリーマン金太郎 スロット やめどき

サラリーマン金太郎 スロット やめどき

つまり1/4程度の大きさになった

あなたも好きかも:モリナガ パチンコ 口コミ
 魔導コンピュータは元々のシステムが四コアと管理プロセッサの五部構成なので、領主用サーバで検討した時のように、サンダ○バード三号みたいな形状が基本形となる

あなたも好きかも:スロット 等価 都道府県
 で、今回は、全くの同型を五組作って、それを連結してみた

 魔法陣は当たり前だけど基本的に円形なので、今回は円形を壊さずに重ねてみたら普通に円筒形になった

黒い外装はちょっとハッタリが効いていて格好いいけど、どう見てもコンピュータの形じゃないなぁ

 運用方法として、五台中のどれかが統括処理をするように設定してみた

複数台で肩代わりもできるので、冗長性を高めて処理速度も上げてみた

この方式の優れた点は、コアを増やせば、それだけ処理能力が上がるということ

だからもはや四コアじゃなくてもいいんだけど、お試しなのでこのようにしてみた

次回は八コアに挑戦してみよう

 記憶領域(ストレージ)は別にしてあるけど、こちらも円筒形

いやあ、コンピュータを組むのって楽しいなぁ

あなたも好きかも:スロット 最高勝ち金額
「よし」 初期化とネットワーク接続、差分適用まで暫くかかる