パチンコ 練馬区

パチンコ 練馬区

「……うむ……恐らく……すぐ再生……する……」「アルデハイトさんたちはまだでしょうか……」サーニャが心配そうに眉を潜めて言う

あなたも好きかも:ハーデス スロット 実機
とはいえ戦闘を開始してまだ十分ほどである

来るはずもないよな……と思いながら、にゃからんてぃを肩に乗せた俺はマイカに尋ねる

「次の作戦はあるか?」「……我等三人で……もう少し……ダメージ与える……」「立ち上がれないうちに、もう少し殴っとく感じ?」「……そうだ……我ら……上空から……支援……する……」「マイカは"穢れ"は大丈夫なの?」どういう原理で使えて居るのかはさっぱり分からないが八宝の機械槍を使っているのだ、ただでは済まないだろう

「……私たぶん……この戦い後……しばらく動けない……だから今……チャンス……」「わかった

あなたも好きかも:リゼロ スロット ハマり
急ごうか」サーニャもうなずいて、機械槍にまたがったマイカの両手をそれぞれ握る

俺らは上昇して、再び巨兵の周囲へと近づく

片足を切り刻まれ、尻餅をついたように座り込んでいる巨兵は三十秒ごとにレーザーを周囲に撃っている

その度に周囲の公団住宅風の建物が崩れていく

「俺は、地上から攻めるわ

二人は空中から支援頼む」「……らじゃ……そこビル屋上……降ろす……」マイカは俺をすぐ下のビルの廃虚に降ろし、巨兵の頭上の方へと飛び去って行った

俺はビルの非常階段を滑るように降りて行き、にゃからんてぃの補助を受けながら、再び建物の瓦礫の中を進む

俺の個人的な考えなのだが、これだけ遮蔽物があるから何とか足止めくらいは出来ている感じがする

あのレーザーの威力と、体格なのでまともに正面から戦っていたら、すでに全滅しているだろう

身震いをしながら、瓦礫の中を進む

にゃからんてぃが、右耳を強く引っ張ったので、右へと大きく飛び退くと巨兵の真っ赤で太い腕が今、俺が居た場所に巨大なハンマーのように唸りを上げて振り下ろされた