機動戦艦ナデシコ パチンコ 初代

機動戦艦ナデシコ パチンコ 初代

一年の終わりになると、違う階層から怪物が出てきたりするしね」「…………大晦日の怪物ですね」少しすると灰の雨は降り止み、ディノがこちらを見た

あなたも好きかも:nexus株式会社 パチンコ
頭の上でノアが頷く気配がしたので、この姿に戻ったのは臨時の護衛の為でもあるようだ

無事に作業が終わったようなので、ネアもほっとする

あなたも好きかも:昭和物語 パチンコ 設置店
しかし、街は大丈夫だろうかと遠くを眺めようとしたネアは、視界の端っこに謎の不審者を発見してしまう

思わずぱちぱちと瞬きしてしまってから、ノアの袖を引っ張った

「…………ノア、不審者がいます」「ありゃ、変なのがいたの?どれ?……うわぁ……」ノアがげんなりするのも尤もな光景であった

リーエンベルクの西側の通用門のところに、遠目でも身なりが良さそうに見える少年が、あからさまに怪しい動作で顔を覗かせている

ひょこっと顔を出したかと思えば、さっと隠れてしまい、またうろうろとリーエンベルクの壁沿いを歩いているので、見るからに不審者ではないか

「あ、また覗いていますよ

あなたも好きかも:パチンコ 店 123 田辺
不審者め!」「うわっ、頭悪いのかな?魔術結界の壁に触ったよ……」ディノも気付いたのかそちらを見たので、ネアはさっと指をさして不審者の位置を知らせた

どんな不審者だろうと、あの迂闊さを見る限りディノに危害を加える事は出来なさそうだ

「と言うかもしや、リーエンベルクに勤めるどなたかのお子さんだったりするのでしょうか?」「違うんじゃない?あの子、多分魔物だしね」「…………と言うことはもしや……」「幻覚の呼び起こしをしてる奴っぽいね」「むぅ、それは懲らしめる必要がありそうです!」羽織りものな塩の魔物と共に捕物を観戦していると、ディノはひょいっと敷地の外にいる少年の背後に転移すると、問答無用でその襟首を掴んで持ち上げた

うわぁっと悲鳴が聞こえ、罵声になった直後にぴたりと静まる

後はもう、自分を持ち上げたディノを見たまま凍りついた少年と、凝固した少年を片手にぶら下げたディノが向かい合うばかりだ

「………ノア、あそこに行けますか?うちの魔物が、捕まえた不審者をどうするのか悩み始めたようです」「…………うーん、ま、シルも困ってるみたいだけど、危なくないかな………」「む

外出は危ないかもなので、通用門の内側にします!」「良かった