フィーバーr-18 パチンコ

フィーバーr-18 パチンコ

あなたも好きかも:綾波レイ パチンコ フィギュア
そこで気を失い、今に至るという事だ

「ライ、エマ……! あの場に居なかったレイとリヤンも無事なのか……

いや、二人は居たのかもしれないな

あなたも好きかも:パチスロ タイムクロス
…… 私が此処に寝ていたという事は誰かが連れて来てくれたって事だ

服も修復されているし、傷も無い

ライたちは無事と考えて良さそうだな……」 一瞬ライたちが無事か気になったフォンセだが、自分自身の身体や諸々の情報から推測しライたちは大丈夫と分かった

 取り敢えずベッドの上に座っていても意味が無い

一先ずフォンセは立ち上がり、周りの様子を眺めつつ歩《ほ》を進める

あなたも好きかも:面白い パチスロ
 喧騒は辺りに響き続けており、収まる気配は無い

 人と獣の間を進み、この部屋の出入り口へ向かうフォンセ

「さて、何故こんなに騒がしいのか……」 部屋の外に移動し、周りの様子を見て歩きながら考えるフォンセ

 魔族の者たちと幻獣の者たち

それらが兵士住民問わず、忙しなく動いている現在

 見たところ敵の姿も無いのに、何がどうしてこうなったのかを理解する必要がそこにあった

「あ、フォンセさん! 目が覚めたのですね!」「お前は……ニュンフェか

良かった、主力の知り合いが居て

一体何事だ?」「ええ、実は……」 歩いていると話し掛けてくる者、エルフ族のニュンフェがそこに立っていた