オールナイト パチンコ

オールナイト パチンコ

「おわ、目次かと思った……え、何、"順番"とか関係あるの?」黒猫になったライから勧められた時には、流し読みをしていた和書を改めて始めの方から、読んでネェツアークは先ずそんな声を出していた

「ええと、順番を守らないといけない事なんだろかね

あなたも好きかも:ドラクエ8 3ds カジノ
それだったら、色々面倒くさい、凄く面倒くさい……」周囲に誰かいたなら思わず長い指で記されてる事をなぞって確認を始める

"十八道契印(じゅうはちげいいん)"今からネェツアークが行おうとする事は、丁寧な手書きの文字で、番号がふられて記されていた

1 浄三業(じょうさんごう)2 仏部三味耶(ぶっぶさんまや)3 蓮華部三味耶(れんげさんまや)4 金剛部三味耶(こんごうぶさんまや)5 被甲護身(ひこうごしん)6 金剛ケツ7 金剛牆(こんごうしょう)8 道場観9 大虚空蔵(だいこくうぞう)10 宝車輅(ほうしゃろ)11 請車輅(しょうしゃろ)12 迎請(げいしょう)13 当部明王(とうぶみょうおう)14 金剛網15 金剛炎16 閼伽(あか)17 蓮華座18 普供養(ふくよう)一応難読に当たる異国の言葉には振り仮名を振ってくれてあって、中身を確認しながら、番号の内容と、行うべき順番が関係あるのかどうか、何度も頁をっ進めては戻し、確認をする

「頭で纏めるの面倒になってきたな」口元を"へ"の字の形にして、再び胸元に手を入れて、ナイフを一本取り出して、1~18の文字を八角形の大地の上に記した

「ええと、"1 浄三業(じょうさんごう)"と"2 仏部三味耶(ぶっぶさんまや)"はリコさんがジブリールでやった事に近いから、代用は大丈夫だと思うんだけれど」それからひとまずナイフをしまい、和書に記されている図解に従って、指で東の魔術の作法に則り印を―――包み込むような形に"結び"、文言を口にする

(頭に、リコさんがジブリールでライさんと共に、荒れた渓流行った浄化をイメージして)「オン・ソワハンバ・シュダサラバタラマ・ソワハンバ・ジュドカン」言葉として表現出来ない感覚で、"浄三業"が成功したのを感じる

「おお、これは認めて貰えたみたいだね

さて引き続き、次を試してみようかな」再び長い指を組み替えて、和書に記されている指の形に結ぶ

「仏部三味耶(ぶっぶさんまや)も、リコさんのイメージでね」ただ、今度は彼女が1人で、ジブリールという天使に完璧に姿を変えた、美丈夫のものをイメージし、文言を口にする

あなたも好きかも:ブックメーカー コツ
「オン・タタァギャト・ドハンバヤ・ソワカ」有史以来、ガブリエルと同等の力を有している天使の姿に完璧になることが出来た、神々しくひれ伏すに値する存在をイメージする

(というか、説明に書いてる"ひれ伏す様な気持ち"っていうのも変な例えだな)ただ"必要"なら、見事にひれ伏す気持ちを胸に浮かべる

(よし、仏部三味耶(ぶっぶさんまや)も大丈夫

次からが、3つ続けて少々厄介だな)魔術を初めて使う事も緊張に繋がっているけれど、"苦手"のニュアンスも多く含んでいるのが説明を呼んだだけで伝わってくる