パチンコ 事務 求人 札幌

パチンコ 事務 求人 札幌

『・・・そうでしたね・・・あの方も関わっていましたね』 あの方、と言うのが、誰かと言うのはもはや今さらである

 そして、今の話を聞いて、考助としては、ますます面倒事に感じて来た

『あー・・・なんか本当に厄介ごと?』『さて、どうだろうな? 今回の話を厄介ごとと感じるかどうかは、君次第ではないかな?』 そう言われた考助は、話を聞く覚悟を決めた

 そもそもこの世界にとっての神々からの話を、断れるとは思っていなかったのだが

・・・まあ、いいや

あなたも好きかも:東方 パチンコ
ちゃんと話の内容を聞かせて?』『何

話の内容自体は大したことではない

直接的には、私が関わってくる内容になる』『・・・スピカが?』『うむ

あなたも好きかも:3 3eyes パチンコ
何しろ私が加護を与えている相手の事だからな』 考助が知る限り、スピカが加護を与えている人物(?)は二人しかいない

 ワンリとフローリアである

 その内、ワンリに何かがあったとは思えない

 となると、必然的にもう一人のことを言っているのだと推察した

『・・・フローリアの事?』『お、鋭い

そういう事だな』『単純に二択の中から選んだだけだから

それより、フローリアに何かあったの?』『何かあったというより、これから何かをしてほしいという所だな』 遠回しなスピカの言い方に、考助は眉を顰めた

『・・・何をすればいいの?』『ああ、すまん

誤解を与えたようだが、ほんとに大したことではない

フローリアを管理層で保護してほしいのだよ』『保護って・・・何かあったの!?』『いや、特に何もないな』 思わずソファーに沈み込んだ考助である

『・・・交神、切っていいですか?』『待て待て、悪かった