パチンコ 海物語4ブラック

パチンコ 海物語4ブラック

 抉られた箇所からは勢い良く鮮血が噴き出し、思わず怯むシュヴァルツ

「ダラァ!!」 流れる血を見たシュヴァルツは、近くに居るリヤンへ魔術を纏わぬ蹴りを放つ

あなたも好きかも:スロット 撤去予定
 魔術を纏っていたのでは一瞬を無駄にする

今のリヤンならば、その一瞬で距離を置く事も可能だろう

 なのでシュヴァルツは敢えて何も纏わず、確実なダメージを与えられるであろう蹴りを放ったのだ

「……ッ!」 蹴られたリヤンは吹き飛び、土煙を上げつつ大地を擦りながらも何とか威力を抑えて停止した

あなたも好きかも:まどマギ 激アツ スロット
 ふと後ろを見ると、カラカラと瓦礫の欠片がポッカリと空いた空間に落ち、リヤンは少し冷や汗を流す

「クク、堪《こら》えたか

……まあ、本気の蹴りは放てなかったが……それでもそれなりの強さで蹴った

大岩を粉砕する程度の威力でな

それを堪《こら》えて数メートル離れるだけたァ、中々じゃねェか

素直に称賛してやるぜ」「……そう、別に要らないけど」 クッと笑って称賛するシュヴァルツに対し、一蹴するように冷めた表情で返すリヤン

 シュヴァルツはリヤンの敵

なので褒められても嬉しくないのだろう

「ケッ、随分と達観してらァ

……ま、ライも中々に上を見据えて居たからな

テメェら全員、ガキにしちゃガキっぽさが無ェよな

本当にどんな人生歩んでいるんだ?」「……」「余計な事を話すつもりは無い……か