津市 パチンコ 優良店

津市 パチンコ 優良店

あなたも好きかも:パチンコ 音 うるさい
確かにそれはあるね」 シュレインの説明に、考助が納得したように頷いた

 子育てをしているコレットやピーチは勿論、他のメンバーだっていろいろと忙しく動き回っている

 シュレインが言った通り、管理層のメンバーが全員揃って行動することなど珍しいのである

 一方で、転移門から現れたシュレインたちを見て『烈火の狼』の面々も驚いている

 一番驚いているのは、やはり管理層の事情に一番詳しいリクだった

あなたも好きかも:ゴッドイーター スロット アラガミ殲滅
「母上、一体どうしたんだ?」 全員そろっての登場に若干頬を引きつらせているリクに、フローリアが目をぱちくりとさせた

「何だ? 聞いていないのか?」「いや、何も聞いてない

あなたも好きかも:パチンコ 朝一
スーラの戦闘を見終わったあとに、何も言わずにここまで連れてこられた」「ああ、なるほど

まあ、大したことではないぞ? 単に、さっきシュレインが言った通り、せっかくの機会なので全員が集まっただけだ

そこまで心配するようなことは起こらないさ」 フローリアがそういうと一応安堵の表情になったリクだったが、それでもまだ警戒(?)は完全には解いていない

「ただ、父上が主導して動いていることが気になるんだが?」「ああ・・・・・・なるほど

さすがだな

リクのその予想は外れていない

ついでにミアが張り切っているのを見れば何となく予想は付くのではないか?」 そう言われて、リクは改めてミアを見た

 そして、確かにミアがうきうきとした表情になっているのを確認して、あからさまに頭を抱えた

 フローリアの言った通り、これから先に何が起こるのか、想像ができてしまったのだ

 とはいえ、自分ではもはやこの流れを止めることはできない

 諦めて身を任すしかないと分かって、そうすることしかできなかったのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 女性陣が加わることによって十人以上の集団となった考助たちは、そのまま島の奥に向かって歩き出した