スロット 事故りやすい機種

スロット 事故りやすい機種

 大きな翼や鋭い爪がある者ほど、そんなもの自分には無いと言う」「左様

翼や爪は環境に応じて生やすのだよ

 元々あるものではない

地に足をつけるか空高く飛ぶかどうかは その者が選ぶことで、他者がとやかく言うことではない」「然り

この世をよく見れば 空高く飛んでいる者ほど、地に足をつけろとか 皆と同じであれとか、誰にも爪や翼は無いと言いたがる

 それが欺瞞とも気づかずにな」「逆もあるぞ

あなたも好きかも:レインボー パチンコ 愛知
地底深い暗闇を知っている者ほど この世の隠された暗部を過度に拡大してまき散らす

 歪な自らを包み隠す、温かな憂鬱や薄暗い夕闇の 心地よさを十分に知っていながら それを遮る陽光を憎むポーズに徹するのみだ」「然り然り

皆伝えるべきことは言わぬのよ

あなたも好きかも:パチンコ 負け金額
 照れ隠しか、また伝えることへの諦めかは知らぬがな

あなたも好きかも:ファイナル カウントダウン
 故に正しきにも、悪しきにも行かぬのよ

アイハブノーアイデア」交互に意味不明なことをしゃべりかけてくる異形の老人たちの真意が分からないので黙っていると「我らの放談に付き合ってくれたお礼に 君の目と耳を多少補修しておいた

それを造り調整した主に 雑じゃと言っておいてくれ」笑いながら言ってくる

「……なんか、ありがとうございます」とりあえずこの場を無難に済まそうと中身のない感謝だけ告げて浴槽から出て身体をタオルで拭きさっさと風呂から上がる

脱衣場で目と耳を確認したが、特に異常はない

近くでは真っ赤な肌の、髪の無いのっぺらぼうが着物を脱いで筋肉でガチガチの背中や尻を見せつけながら風呂へと入っていく

その横を這いながら、真っ白な鱗を持つ蛇のような生き物が高速ですり抜けていくのも見えた

朝から、凄まじい所に入り込んだらしいと漸く気づいて俺はすばやく服を着て、廊下を小走りに宿泊室へと戻っていく

部屋に戻ると全員起きていた