花 の 慶二 パチンコ

花 の 慶二 パチンコ

 これが、走馬灯――?◆◆◆◆◆ …………

 過去の話だ

 いまはディアと名乗る探索者の昔の話

あなたも好きかも:パチンコ シリウス都城
 俺には名前がない

 この世に誕生したとき、母に悪魔と恐れられ、そのままずっと名前を名づけられることがなかったからだ

 俺は生まれながらにして巨大な魔力を持っていた

 ちょっとやそっとの魔力ではない

 常人が見れば、気分が悪くなるほどの量を生まれたばかりの赤子が持っていたのだ

あなたも好きかも:龍が如く極 スロット
 その上、身体も人間とは異なり、小さな羽が背中に生えている

 普通の人間ではなく、明らかに違う種族

 純粋な人間と人間の間にそんな子供が生まれては、両親が恐怖してしまったのも無理はないだろう

こうして、俺は育児を放棄され、村の教会に預けられた

あなたも好きかも:スターダスト スロット 公約
 運良く、その後の待遇は良かった

 神父は俺を『使徒』と称し、崇拝したからだ

 『使徒』というのは、この大陸の主教になっているレヴァン教からすると神の代行者にあたるらしい

村の神父は、いかに俺が素晴らしい存在かを説き続け、手厚く育ててくれた

 俺が五歳になる頃には、奇跡をもたらす存在ということで村中に知れ渡っていた