スロットマシン 攻略 アプリ

スロットマシン 攻略 アプリ

あなたも好きかも:ケリ姫 裏ワザ スロット
「そっちのほうがよっぽど失礼じゃないかしら」「妥当な評価だと思うけど」「ま、ミリュウならだれだってそうなるから、どうでもいいけど」 ファリアがまたしてもあきれると、ミリュウが眉間に皺を寄せ、彼女を睨んだ

「どうでもいい、って、なんか棘のある言い方

あ、わかった

ファリアもセツナに甘えたいんでしょ-

あなたも好きかも:パチンコ ウルトラマンタロウ2 法則
そうよねー、ニアズーキ奪還はファリアが頑張ったおかげだもんね-、セツナに褒めてもらいたいわよねー」 セツナの腕にしがみついたままのミリュウは、これみよがしにセツナにくっつきながら、ファリアに主張する

ファリアが狼狽えたのは、その様子よりも、彼女の発言に対してのようだが

「だ、だれがそんなこと思っているもんですか!」「えーそうなのー? じゃあ、今日一日中、あたしがセツナを独占してもいいのー?」「はあ!? なに勝手なこといってるのよ! 聞いたでしょ、セツナは飛び回って疲れてるのよ!? 今日はゆっくり休ませてあげないと」「ゆっくり休ませてから、どうするつもりなのかしらー」「な、なによ、その目、その言い方! わたしは別になにも考えてなんてないわよ!」 ファリアが憤然と言い返せば、ミリュウは、優位に立ったとでもいわんばかりににやりとした

そして、思わぬことをいってくる

「うふふ……わかってるわよう

今日一日は、ファリアがセツナを独占する日だって」「な、なによ、なにが目的なのよ……」 ファリアは、ミリュウの予想だにしない発言に警戒感を最大にしたようだ

こういうとき、ミリュウがなにかを企んでいると思うのは、当然のことだ

見返りになにかとんでもないことを要求してくるのではないか

しかし、ミリュウは、そんなファリアの考えなど見透かしたように、平然といった