カウボーイビバップ パチンコ 甘 保留

カウボーイビバップ パチンコ 甘 保留

私たちで迷宮の『最深部』を目指し、攻略し、辿りつく

より素晴らしい物語を、みな様と紡ぐ為に――」 どこか気取った台詞と共に、お祭りの雑踏を抜け終える

 歩いた先に待っていたのは、迷宮に繋がる光り輝く道

あなたも好きかも:スロット 名前 台
 『魔石線(ライン)』による迷宮『正道』の始まりだった

 ここまで来ると建物は激減して、迷宮前ならではの設備と物々しい警備が並んでいる

 ただ、一般人が全くいないわけではない

 発光する大樹を観光する旅行者やカップルが、ちらほらと見える

 私とセラさんは、その連合国の新名物を見上げることはなく、迷宮入り口だけを見据えて、歩み進む

 その動きは人の流れに逆らい気味で、少し目立った

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン15 パチンコ 筐体
迷宮入り口まで数百メートルというところで、見回っている警備の騎士に止められる

あなたも好きかも:ミレニアム ソウル ヒルトン カジノ
「……どうしました? これ以上先は、関係者以外立ち入り禁止ですよ

光る大樹の見物なら、高いところから見るのもおすすめです

ええっと……、あそこなら、無料で入れますね」 そう言って、私たちがやってきた方角に視線を向けて、ここからでも確認できる高い建物を指差してくれた

 優しい人だ

 どうにか誤魔化してスルーしたい

 だが、その騎士の後ろに追随していた神官職と思われる男が、声を震わせてしまう

「お、おい」 指差す騎士の肩に手を置き、伝えようとする

 どうやら、迷宮に近寄る全ての『ステータス』を確認せよと、指示が出されていたようだ

「その方が、いま捜索中のスノ――」 名前が出かけた瞬間、隣のセラさんが無言で全身を『獣化』させ始めていた