アマガミ スロット

アマガミ スロット

その数年後、相も変わらず奔放すぎるリーダーであるグロリオーサが、セリサンセウムという国の西の地域で突然行方不明―――"迷子"となって賢者の前に姿を現した

ある時期、領地に来た賊を討伐したばかりのロブロウ領主は、領地自慢の紅葉の渓谷の風景をデッサンをして、久し振りに一人きりで休暇をとっていた

そのピーンがガリガリとデッサンしている渓谷に何かが加わった

派手に人らしき"物"がロブロウの渓谷を駆け降りる、それがグロリオーサだった

そこから色々とあって、少し変わった形で"保護"するという奇妙な縁で、グロリオーサとピーンは親友となった

あなたも好きかも:セーブ スロット
(しかし、この楽しい縁も平定を終えたのなら―――)そんなことを考えている内に、国軍からのカモフラージュを為に、丘全体に使われている魔術が途切れそうな所まで賢者はやって来てしまっていた

あなたも好きかも:ミラクル スロット 初代
(ここまでも何も、グロリオーサの気配も何も見つからないとなるとあの術を使っているな)カリスマ性という、存在感がありすぎるグロリオーサの"神秘性"を霞ませる為の魔術を、賢者は教えていた

ただグロリオーサが使うには魔術が複雑過ぎるのと、術の相性として彼には扱えないので主にバロータが使って、彼のカリスマを誤魔化す手伝いをしている事になる

(バロータが術を使うと、見つける糸口を探すのも大変だからなぁ)丁寧で精巧すぎる術の使い手であるバロータが、術を使った片鱗を見つけ出すのは一介の術者には大変に困難である

あなたも好きかも:パチンコ バイト 楽園
例えるならば、白い布地を御針子職人によって、精密に同系色の糸で縫われてた場所を探すのと同じくらい難しい

賢者という名前を背負うピーンも、それなりに術を使える自負はあるし、大雑把な性格ではあるが――丁寧に出来ない事はなかった

ただ、偉く集中力と魔力を消耗するので滅多にしない

(ロックがいたら任せたいけれど、闇の術を使った後だと心に"隙間"が出来て悪いものが入ってもいけないからな)瞼を強く瞑り、ピーンは丹田(たんでん・へその下のあたり)に力を入れて、長い指を弾いた

指を弾いた音が空気をなぞるように進むと、ブンっと響き渡り、途中何かとぶつかる感触が反射して賢者の耳に返ってくるのしっかりと感じ取ってから開眼する

そして反ってくる感触に"土の精霊"特有の、どっしりとした印象ともうその中にある存在を感じとる

("土の精霊の助力"を得ているという事は、やはりバロータと一緒だな)音がぶつかり反ってきた方へと足を向けて、今1度、賢者は指をパチリと弾くと、更に具体的に感じ取れる

―――ザ、ザ、ザ、ザ、ザ、ザっ今度は明らかに土を掘る音が耳に入り、掘る振動は大地を伝って賢者は足を止める

(―――穴を掘る音と場所は、こちらからするが)今度は足元にも意識を集中すると、丘の土を抉り土を掘る震動が踵(かかと)の方から伝わって来ていた

『やれやれ、わざわざ穴堀練習に空間を別にしているな