爆砕 新潟 パチスロ

爆砕 新潟 パチスロ

興奮しているアルナの手を引き、寝ているマイカを背負って黒塗りのユーフォーから降りると、外に客室乗務員のマシーナリーのキャシーが立っていた

「どうもタジマ様、お話がございます」あれ、なんかやばい事したかなと考えていると俺の手を振りほどいたアルナが「こ、これ、マシーナリーですか!!マシーナリーさんよろしく!! アルナと申します!!」キャシーは人間味のある顔で微笑んで「キャシーと申します

ルナテリス王子の婚約者のアルナ様ですね

あなたも好きかも:スロット 戦車道
 存じ上げております

以降よろしくお願いします」「とっとっとととと友達になりましょう!!」詰め寄ってきたアルナにキャシーは少し困った顔をしてから、微笑み

「良いですよ

私の人間のお友達第一号はアルナさんですね」「きゃー!!!光栄です!!よろしくキャシーさん!!」だいじょぶなんかい

興奮してる勢いで友達になったぞ

と思いながらキャシーの顔を見る

「お話と言うのは、山口さんについてです」「ああ、ええ

あなたも好きかも:瑞江 スロット イベント
山口がどうかしましたか?」「最近の山口さんの行動を分析したデータを検討した ネットワーク合議の結果、彼が使徒討伐に非常に有為な存在であるという 結論が出ましたので、我々の技術で記憶を再生させることができます」願ってもいない話がいきなり降ってきた、降ってはきたが……

あなたも好きかも:パチスロ おすすめ 地域
「……分かりました

少しお時間貰ってもいいですかね?」山口については、タガグロの想いとか色々と複雑なものがある

「もちろんです

いつでも開始することが出来るので 決断なされたら、すぐに私や乗務員を呼び出してください」「ありがとうございます」「キャシーさんは中央城には行かないんですか!? 私、色々お話したいんですけど……」「すいませんが、我々は現地の方たちの混乱を避けるために 許可無く、大いなる翼から降りることはできません」「そうですか……じゃ、また後で来ます!!」アルナはそう言って、キャシーに手を振り、マイカを背負う俺に手を引かれて、中央城と大いなる翼を繋ぐチューブへと歩いていく

真夜中の中央城へと降り立つ、夜勤の警備の兵たちの敬礼を軽く返しながらとりあえず自室を目指す